会社設立の代行業務

書類税理士に代行を依頼することで、簡単に行うことができる会社設立の手続きですが、実際、会社設立とはどのような手続きが必要になるのでしょうか。まずは、会社についての基本事項の決定に始まり、法人印の作成や印鑑証明の取得、定款の作成、確認、認証手続き、資本金の振込をします。定款の認証がされたら、法務局において、設立登記申請を行いますので、その為の書類作成、そして申請を経て、登記簿謄本の取得、設立の届け出に必要な各種申請書、届け出書類の作成等、実に様々な手続きや準備が必要なことがお分かりいだけると思います。

税理士の会社設立代行を利用すると、この中でも特に煩わしいとされる、定款の作成、認証手続き、及び、設立登記書類の作成・申請、各種申請書や届け出書類の作成について、丸投げすることが可能になります。会社設立をするにあたり、書類の作成が最も複雑であり、素人がすると書類不備、内容不備により、何度も作成しなければいけない業務です。面倒で難解な作業こそ、専門家に任せて、設立業務を簡単にすることで、時間や労力、ひいては費用の節約にも繋がります。会社設立には、スピードも大切になりますので、税理士の代行サービスの利用がお勧めです。